借金があったら生活保護申請

月刊誌の折込チラシ、スポーツ紙、繁華街に貼られたビラや郵便広告で「多重借金の整理整頓いたします」「多重負債を集約したいと思ったら」と書かれた売り文句を読むことがよくあります。

 

こういうのは、「整理屋」「買取専門屋」「紹介者」という名称の企業の宣伝のときがあるのです。

 

このようなものを使った際には自己破産フローの中で最優先の免責許諾を受けられなくなるパターンも存在します。

 

「整理業者」は、ダイレクトメールなどで負債者を呼び出し高いサービス料を受け取って債務整頓をしますが、本当は債務整理はされず、負債人は一層の負債地獄にはまってしまう場合がほぼ全部と言ってよいでしょう。

 

「買取専門屋」の場合債務人のローンでチケットなどをいっぱい購入させ、債務者から購入した品を売値の3割から額面半値で買い上げるという手法のようです。

 

金銭が手に入れられますがまもなくカード企業経由の購入物の定価の返済請求が届くことになり、実際は借金額を増額させる結果となります。

 

このときはカード業者への犯罪行為ということになって免責を手に入れられません。

 

「紹介人」というのは大企業のサラリーマン金融から貸してもらえなくなった借金者について、金貸しは一切せずに、金貸しを可能な違う店を呼び出し、高額な料金を受け取る会社です。

 

つなぎ業者は自らの手引きで資金提供してもらえたかのようにしゃべりますが現実は何もしておらず、シンプルに規程の通りやすい業者を説明しているということなのです。

 

結局は借金額を増大させることとなります。

借金 絶望